ファイヤーキング







ファイヤーキング
トップに戻る
ファイヤーキング ショッピング
ファイヤーキング
マグカップ
オーブン&ディナーウェア
ジャネット&マッキー
雑貨&その他
 
アバウトファイヤーキング
刻印(バックスタンプ)
コンディションについて
カートの中を見る
Information
お客様マイページ
ポイント割引
このサイトについて
返品について
ファイヤーキング オンライン図鑑
マグカップ
マグカップ
レギュラー (11)
カラー(34)

プリント(102)

アドバタイジング(61)
その他ブランドマグ (19)
 
ディナーウェア
■レストランウェア
ジェダイ (18)

ホワイト (4)

■スワール
ピンク (11)
アズライト (4)
アイボリー&ホワイト (7) 
■チャーム
ジェダイ (5)
アズライト (3)
フォレストグリーン (4)
ロイヤルルビー (1)
■ジェーンレイ
ジェダイ (9)
その他 (1)
■シェル
ジェダイ (6)
■その他
ターコイズブルー (11)
フォレストグリーン (11)
ロイヤルルビー (10)
プリムローズ (7)
ウィート (7)
モザイクブルー (6)
アニバーサリローズ (6)
ピーチブロッサム (6)
1700ライン (5)
プレミアムシリーズ (5)
フルーレット (4)
キャンドルグロウ (4)
メドウグリーン (3)
ジェダイアリス (2)
フォーゲットミーノット (2)
カントリーキッチン (2)
ハニーサックル (2)
その他 (11)
 
オーブンウェア&他
オーブンウェア&他
ジェダイ (26)
アイボリー (8)
サファイヤーブルー (9)
ボウル&ジャー (26)
チリ&シリアルボウル (27)
その他 (27)
ジャネット&マッキー
ジェダイ(42)
デルファイト (16)
キャニスター(9)
その他 (8)
 
刑事事件 東京 弁護士交通事故 加害者 弁護士遺産相続 弁護士気導術柏市 松戸市 弁護士 柏法律事務所フランス語教室ドイツ語教室
 
 




























































































































ファイヤーキングってなんですか?


 アバウトファイヤーキング 

ファイヤーキングって何?

このサイトでメインに扱っているファイヤーキング。それはアンカーホッキング社というアメリカのガラス会社が1940年代〜70年代に製造された食器のブランドのこと。1905年にホッキングクラス社が創設され、1937年にアンカーホッキンググラス社と名前が変わります。そしてファイヤーキングが製造され始めたのが、1942年のこと。当時経済成長期の真っ只中だったアメリカでは、頑丈で割れにくく耐熱ガラスがうりのファイヤーキングは、オーブンや電子レンジの普及と共に瞬く間にアメリカ中の食卓を飾るようになったといわれています。その後30年以上も製造され続けていましたが、時代の流れとともに1976年に製造が終了しました。しかし製造終了後30年近くたった今でもこうして世界中で愛され続けています。




当時から残るカフェ




ファイヤーキングの魅力

やっぱりファイヤーキングの最大の魅力はポッテリとした丸みのあるフォーム。そしてミルクグラスのやわらかい色合いではないでしょうか。 当時の古き良き時代のアメリカのぬくもりを感じずにはいられません。
そしてマグなどは、きりがないほどの豊富なプリントデザイン。豊かな色彩とユニークなモチーフが”コーヒーブレイク”のひと時を癒してくれます。そして今は製造されていないからこそ、出会った時は一期一会。ずっと使って生きたい。そう思わせてくれる品々ばかりなのです。
もちろん使い易さもその魅力のひとつ。当時としては画期的だった耐熱ガラスは、オーブンや電子レンジにも使えるのが売り。また分厚く、頑丈ですから、ちょっとやそっとぶつけたり落としたりしても割れません。ファイヤーキングは気取った食器ではなく、日常に溶け込んだ食器なのです。ぜひ、一度使ってみてください。毎日の生活の中に少し”ゆとり”ができる事は間違いありません。


 ファイヤーキングQ&A 

ジェダイって?


ジェダイとはファイヤーキングに多く使われる翡翠色のカラーの名前。ほかにジェード、ジェダイト、ジェードイットなど色々な呼び名があります。1940年代当時、オリエンタルブームがあり、中国でもっとも効果な宝石とされていた翡翠色が注目され、当時多くのグラスウェアに使用されたカラーなのです。

   
他にどんなカラーがあるの?
ジェダイ以外の定番の色としてはターコイズブルー、アイボリー、ホワイト、アズライト、ピーチラスター、ビトロック、サファイヤーブルー、アンバー、クリスタル、フォレストグリーン、ロイヤルルビー、、、などなど、他にも沢山あります。
   
割れづらいって本当?

ポッテリとした厚みのあるミルクグラスはとっても頑丈!特にレストランウェアシリーズなどはレストランでかなりの使用頻度に耐久できるよう作られており、そう簡単には割れません。当時これこそがファイヤーキングの売りだったのです。
   
電子レンジでも使えますか?



もちろんファイヤーキングは耐熱ガラスが売りですから、電子レンジでも使用可能。ただ初期のサファイヤブルーなどはまだ耐熱技術が低かったため、現代の強力な電子レンジでは割れてしまう事もたびたびあるそう。またサファイヤブルーに限った事ではありませんが、冷蔵庫から出してすぐに電子レンジや熱湯を入れるなどの急激な温度差はNG。割れてしまったり、ヒビが入ってしまう事もあるそうなので、気をつけてくださいね。あと、22Kのゴールドリムのアイテムも電子レンジはNGです。
   
同じマグなのに大きさ形がちがう?
現代のように制度の高い技術がまだなかった時代の物ですから、同じ物でも微妙に形が違ったりサイズが少し違ったりはご愛嬌。逆にそれがファイヤーキングの魅力でもあったりします。余りに形がおかしな物はエラー品と呼ばれ、逆に高価なコレクターアイテムになったりもします。
   
普通に洗っていいんですか?




もちろん普通に洗っても問題ありません。ただプリント物は少しだけ優しく洗ってあげてください。万が一にも剥げたりしたらガックリ、、ですからね。とは言ってもコンディションの良い物であればそう簡単には剥げたりする事はありませんからご心配なく。ただしゲイファド社のハンドペイントの物は剥げやすい物が多いので気をつけてくださいね。ステインや年季の汚れなどは洗剤を必要としないメラニンフォームなどで優しくこすってあげると落ちやすいですよ。あと隙間に入り込んだ汚れなどは歯ブラシに水だけで根気よくなでているとキレイになります。
   
"フィルビー"ってなんですか?
ファイヤーキングのサファイヤーブルーシリーズやジェダイの一部に使われているファイヤーキング特有の模様の名前です。殆どがディナーウェアのアイテムですが、フィルビー模様のDハンドルマグなどは有名。あとかなりレアですが、フィルビーのカップ&ソーサーなんてのも存在するんですよ。当時のホッキンググラス社の発展に貢献した社員、Philipe Bee氏の名前から"Philbe"と名づけられたそうです。
   
今ファイヤーキング、ブームなんですか?


もともとコレクターは沢山いましたが数年前にアメリカのカリスマ主婦、マーサ・スチュアートがファイヤーキングコレクターだった事から徐々にコレクションアイテムとして浸透し始めるように。次第に日本でもその魅力に引かれる人が増え始め、以前に比べると随分認知度は上がったように感じます。
   
偽物が存在すると聞いたのですが?









残念な事に偽物のファイヤーキングは存在します。見かけるようになったのは3年ほど前くらいからだったでしょうか。ディナーウェアなどではジェダイの品などの偽物が存在ます。ただこれらのアイテムは比較的簡単に偽物の見分けが付きやすく、少しファイヤーキングに詳しい方なら見てすぐに気が付くレベルの物ばかりですので余り心配は要りません。ただプリントマグなどの偽物も多数存在しそちらはかなり見分けることが難しいレベル。主にレアなアドマグなどの偽物が出回っており、ファイヤーキングに詳しい人でも予備知識がなければ偽物とは気が付かない場合も多いでしょう。実際に無地のスタッキングマグなどにあとから偽物のプリントを施していたりしますので、刻印だけでは判別できません。偽アドマグを掴まされないためには、詳しい知識を持ったオーナーのいるお店で買うこと。そしてファイヤーキングに知識のある方は実際手にとって自分の目で確認する事も重要です。近いうちに偽マグなどの詳しい判別方法などをWEB上でご紹介しようと思っています。
   
刻印のない物は偽物?


いいえ、ファイヤーキングには刻印のある物とない物が存在します。それは同じシリーズでも言える事で、たとえばジェーンレイシリーズなどは刻印のある物、そしてない物が存在します。他にもチャームのジェダイやアズライトなどは刻印のある物も存在しますが、殆どの物は刻印がありません。当時は刻印の無かった物などはラベルが代わりに貼ってある物が多かったようです。
   
復刻版があるって本当?





ファイヤーキングには復刻版なるものが存在します。それはアンカーホッキング社が2000年に当時のファイヤーキングの復刻モデルをファイヤーキング誕生60周年記念として製造したファイヤーキング2000です。もちろん新品として発売されたので、コレクタブルとしての価値は今の所さほどありません。他にもファイヤーキングは僅かに名前を残して今も再度製造されており、ファイヤーキングのメジャリングカップなどはここNYの近所のお店でも普通に販売されていたりします。今なお沢山製造されているパイレックスに比べると肩身が狭い感じではありますが、、





 
(c) ILoveFireKing.com All right reserved.
ファイヤーキング オンライン図鑑&ショップ トップページへ